痛風、高尿酸値症

2009年08月09日

痛風は怖い。将来起こる病気

最悪の場合、さまざまな臓器を傷つけてしまい、特に腎臓の機能が低下している時にこの病気にかかって放置しておくと「慢性腎炎」になることがあって、もっともっと悪くなると「腎不全」なる場合もあるそうです。
  動物は外界からタンパク質を摂取し、そのアミノ酸を適当に組み替えて自己の固有タンパク質を合成する。外来タンパク質の構成アミノ酸は、そのすべてが役立つわけでなく、不用なものも少なくない。また、有用なアミノ酸でも代謝され、不用アミノ酸とともに燃料にされる。糖や脂肪と異なり、アミノ酸にはNが含まれているが、困ったことにはNは生体内で燃やすことが出来ないので、まずトランスアミナ−ゼの作用でアンモニアの形で分離する。アンモニアは生体にとって毒性があるので、出来るだけ早く体外に出さねばならない。


食事療法や最低必要な運動といった日々の努力の積み重ねが必要になります。毎日バランスの良い食事を取る事は最も重要です。水分をたくさん摂取すると、その水分に混じって尿酸も排泄されます。出来る限り塩分・糖分・炭酸が含まれないものを取るようにしましょう。

その溜まった「尿酸」はナトリウムと塩を作り針のような鋭い結晶(針状の結晶)となって多くなると関節に沈着し始め、針を刺して悪さを行います。そうなると人間の体に本来ある正義の味方「白血球」が防御するよう指令を受けて結晶に攻撃を開始します。

「尿酸」を外に出すことが大切なので 「尿酸排泄促進剤」が使用されます。「尿酸排泄促進剤」には(ベンズブロマロン・プロベネシド・スルフィンピラゾン)などが使われます。但し、「尿酸排泄促進剤」を使用する場合は、腎結石を防止するためたくさんの水分を摂ることで排尿の量を増やす必要があります。
・尿酸産生過剰型:尿酸が過剰にできるタイプ。日本人には少なく、約15%。15%。

タグ:腎臓
【痛風による併発する病気の最新記事】
posted by rinda at 15:00 | 痛風による併発する病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

痛風の痛み:とりあえず痛みをとりたい

平均的な大人だと2〜4日は全く歩けなくなるほどで(足を地面に置くことができないため)松葉杖をついて歩くか・あるいはジッと寝ているか・病院に行くかの選択肢となります。

 ヒトには尿酸分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、尿酸は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が尿酸である。正常人では平均 1,200rの尿酸 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。

治療に際しては肥満を避けること、水分を十分に摂ることが前提となります。発汗が多い時期や運動後などは体内の水分が減少し、尿や血液が濃くなって、発作を起こしやすくなりますから、水を飲むだけでなく、お茶や果物などを摂ると良いでしょう。コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿効果がありますし、果物や瓜類にも利尿作用があります。水分の摂り方の少ない人、排泄の悪い人はどうしても老廃物がたまりやすいので、日ごろから意識して水を飲むことを心がけると健康維持にも有効です。
一度痛風になってしまったら、完全な治療は望めないと言われています。大切なのは 「尿酸値を上げない」ことと「尿酸を排泄する」ことになります。
「高尿酸血症」の目安として尿酸値の基準値が、平均的に男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値となります。7.0mg/dlを超えると高尿酸血症と診断され、痛風になる確率が高まってきます。


治療中には看護も大切なポイントになります。私がうけた看護?(勝手に思っているだけかもしれませんが??)を紹介します。まず、患者は突然の激痛(急性関節炎発作)でビックリして病院に駆け込みます。そして、その痛みは薬で間違いなく治るっということを説明されました。また、その後の後遺症ものこらないことなども説明されました。まさに、「気持ちの治療?」をされたのでしょうか?
痛風を尿酸合成過剰型と尿酸排泄低下型に区別するには、できれば24時間尿、あるいは早朝一回尿の尿中の尿酸とクレアチニンの比をとり、その比が 0.49 ならば正常で、それ以上ならば合成過剰型、それ以下ならば排泄低下型と考える。これは通常、尿中に排泄されるクレアチニンの量は一定で、尿酸はその約半量であることに基づく。さらに簡便な方法としては、24時間尿の尿酸量(24h-Ura)が、400r以下ならば排泄阻害型、900〜1,000r以上( 5日間のプリン制限食下で、600mg/日以上)ならば合成過剰型としても大体間違いはない。

posted by rinda at 07:00 | 痛風の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

痛風の食療法

痛風の前兆とは
  動物は外界からタンパク質を摂取し、そのアミノ酸を適当に組み替えて自己の固有タンパク質を合成する。外来タンパク質の構成アミノ酸は、そのすべてが役立つわけでなく、不用なものも少なくない。また、有用なアミノ酸でも代謝され、不用アミノ酸とともに燃料にされる。糖や脂肪と異なり、アミノ酸にはNが含まれているが、困ったことにはNは生体内で燃やすことが出来ないので、まずトランスアミナ−ゼの作用でアンモニアの形で分離する。アンモニアは生体にとって毒性があるので、出来るだけ早く体外に出さねばならない。
  慢性化した痛風を治療せずに放置しておくと、腎に尿酸が沈着して機能が低下し(痛風腎)、腎不全へと進行する。その他、痛風患者は心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を促進したり、尿路結石など種々の合併症を伴いやすい。
プリン体の少ない食べ物には、ウナギ、サケ、マグロ、鶏肉、豆腐、卵、チーズ、牛乳、パン、アスパラ、キュウリ、キャベツ、ホウ

posted by rinda at 18:00 | 痛風の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

痛風の痛み:激痛

運動したあとに、右足に鈍痛を弱く感じる
 血清尿酸値は小児期までは性差がなく、約 4mg/dl程度であるが、男性では思春期に急激な上昇を示し、男性は女性に比べ、平均1.0〜1.5mg/dlほど高くなる。女性は閉経以後上昇し、男女差は、0.5mg/dl 程度になる。これらは欧米でも同様に認められているが、その理由としては性ホルモン分泌が考えられている。


非ステロイド系の抗炎症剤で激痛を抑えることができるようになりました。
「高尿酸血症」の目安として尿酸値の基準値が、平均的に男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値となります。7.0mg/dlを超えると高尿酸血症と診断され、痛風になる確率が高まってきます。
そんなことから「痛風」が勃発する要因となる原因はプリン体が多く含まれる食事をたくさん摂りこむことで体内でプリン体が「尿酸」になる量が異常に多くなった場合や「尿酸」を排泄する機能「尿・便」がうまくいかずに蓄積してしまうことと言えます。暴飲暴食・アルコールの飲みすぎはプリン体の量を増やす要因になるし、運動不足・ストレスは排泄機能を妨げる原因になります。(特にビールにはプリン体が多い)
極めて低いため勃発する事が低いそうです。
それと同時に(クエン酸ナトリウムやカリウム)を併用することも大切です。体内で生成されます「尿酸」を減らすために「尿酸排泄促進剤」が使われますが、代表的なものとして(アルプリノール)があります。
痛風・高尿酸値症では、その病型に見合った尿酸降下薬の選択が重要になります。治療はほぼ生涯にわたって続けなければならないので、患者さんも自分の病型を知って、治療を続けようという気持ちを大切にすることが勧められます。
そこで痛風発作時にはなるべく尿酸値の変動を起こさず、まず関節炎を治療することが重要である。
タグ:痛み
posted by rinda at 00:00 | 痛風の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

初期の痛風

次の朝・・やっぱり痛い。。これは尋常ではないと思って、すぐに病院に行こうとしました。しましたが・・車でアクセルを踏むのがとても辛いです。痛くて痛くて踏めません。。がポイントをつかめばなんとかいけそうなので、不安でしたが行きました。
 体内で合成された尿酸は、尿や便と同時に排泄され、血液中の尿酸量は、常に一定の量に保たれ、通常、血液 100mlの尿酸値は、男性が 4.0〜6.9r、 女性 3.5〜 5.5r である。



「尿酸」は体内細胞の老廃物で、主として「プリンヌクレオチド」という物質で出来ています。「プリンヌクレオチド」は略して「プリン体」と呼ばれています。通常は体内で分解され老廃物となります。しかし 「尿酸」が異常に増えて「高尿酸血症」と呼ばれる状態になると、
その溜まった「尿酸」はナトリウムと塩を作り針のような鋭い結晶(針状の結晶)となって多くなると関節に沈着し始め、針を刺して悪さを行います。そうなると人間の体に本来ある正義の味方「白血球」が防御するよう指令を受けて結晶に攻撃を開始します。

痛風を起こしたら、あるいは尿酸値が高いと言われたら、まずは生活習慣全般の見直しを行いましょう。
・尿酸産生過剰型:尿酸が過剰にできるタイプ。日本人には少なく、約15%。15%。

posted by rinda at 03:00 | 痛風 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

痛風治療と考え方

日本では高度経済成長とともに食生活が変化しました。高たんぱく、高脂肪、高カロリーの食べ物が多くなり、野菜や米などの炭水化物が少ない食事になったのです。肥満や生活習慣病の患者が増えていき、高尿酸血症の患者も増加これに併せるかのように痛風も増加しました。

 ヒトには尿酸分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、尿酸は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が尿酸である。正常人では平均 1,200rの尿酸 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。



痛風の原因には尿酸が大きく関わっています。尿酸は元々体の中に存在しています。しかし食生活の乱れやストレスが原因で尿酸値が上がってしまうのです。アルコール、特にビールの飲みすぎは痛風の原因といわれています。プリン体を増加させるうえ、尿酸の排泄量を低下させ、結果的には尿酸値を上げる原因になります。以前は贅沢病と言われていたほどですが、現在は誰にでも起こりうるのです。患者の2割は家族に痛風の人がいることから、遺伝的な要因もあると考えられています。

ヒドイ人だと10mg/dl以上の人もいます。女性は男性よりも「尿酸」の血液中の濃度が
つまり、痛風を治すには「高尿酸血症」をいかに下げるか!!になります。そのためには「血清尿酸値」の値を減らすのはもちろん定期的に行った検査の「血清尿酸値」の成績をチェックすることが大変重要になります。「血清尿酸値」の正常値は男性では4〜7mg/dl女性は3〜5mg/dlです。いかにこの正常値まで減らしそして維持することができるかによって完治」することができます。
 痛風発作には抗炎症作用が最も重要であり、かつ鎮痛作用を有するものを、そして短時間作用型のものを選ぶ。発作が治まればすぐに使用を中止するなど短期間に限り、副作用に注意して用いる。
 混合型には排泄促進剤が用いられてきたが、両剤併用も行われる。
タグ:痛風薬
posted by rinda at 00:00 | 痛風の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

高尿酸血症と痛風 治療

治療に際しては肥満を避けること、水分を十分に摂ることが前提となります。発汗が多い時期や運動後などは体内の水分が減少し、尿や血液が濃くなって、発作を起こしやすくなりますから、水を飲むだけでなく、お茶や果物などを摂ると良いでしょう。コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿効果がありますし、果物や瓜類にも利尿作用があります。水分の摂り方の少ない人、排泄の悪い人はどうしても老廃物がたまりやすいので、日ごろから意識して水を飲むことを心がけると健康維持にも有効です。




特に、1)肥満を改善する、2)飲酒を制限する、3)水分を多くとる、4)軽い運動を行う、5)ストレスを上手に発散する、この5つの励行をお勧めします。
1.痛風発作中:非ステロイド性抗炎症剤で痛みを取る。炎症の状態によってはステロイド剤を使うこともある。尿酸値を急に上下させると再発作が起きやすいため、この時期に尿酸降下剤は使わない。
このため、急性関節炎の治療と高尿酸血症の是正を区別する。尿酸排泄剤または尿酸合成阻害剤によって、高尿酸血症の治療を開始してから、多くの症例では 6カ月ごろに血中尿酸値が安定する。従って、その間の代謝動態の変動が、関節周囲の結合織に働き、尿酸排泄剤・尿酸合成阻害剤を使用することにより、かえって痛風発作を誘発することがある。高尿酸血症治療の初期(通常、治療開始後 6カ月以内)は痛風発作が起きやすい。
タグ:高尿酸血症
posted by rinda at 00:00 | 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

痛風の初期症状

酒を飲んだ直後に、右足に鈍痛を弱く感じる
尿酸は pH7.4、37.0℃、6.4mg/dlで飽和に達すると言われているが、体液中では蛋白と結合し、この濃度を超えても、すぐに析出、沈着することはない。
痛風発作は結晶が沈着しやすく、剥がれやすい関節に起こることになり、足の足親趾の付け根の関節に起こりやすい理由として次の2つが考えられる。


タグ:痛風
posted by rinda at 10:00 | 痛風の初期症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。