痛風、高尿酸値症

2009年08月15日

高尿酸値症と腎臓の病気

最悪の場合、さまざまな臓器を傷つけてしまい、特に腎臓の機能が低下している時にこの病気にかかって放置しておくと「慢性腎炎」になることがあって、もっともっと悪くなると「腎不全」なる場合もあるそうです。
 鳥類はアンモニアを尿素に変えるときに溶解するのに水が必要となるが、体が重くなって飛ぶことが不可能になる。そこで鳥類はアンモニアを尿酸の形に変え、尿酸はあまり水に溶けないので、水に溶かさず固形のままで排出する

食事の量が極端に少ないと血液中の尿酸値は上昇し、高脂肪食に偏るとさらに上がります。痛風に極端な食生活は禁物で、野菜たっぷりのヘルシーな和食がおすすめです。
またストレスも痛風の原因とされますので、ストレスの解消や適度な運動は非常に重要かつ効果のある予防法といえるでしょう。

ところが、結晶は鋭い針で白血球を攻撃するために残念ながら結晶に勝つとこができずに敗れてしまいます。勝ちきった結晶が関節に針で(ジクジク)と刺した部分が「痛風発作」となるり異常な程の痛みが一箇所に集中することで激痛となるのです!!
体内で脂肪が新陳代謝することで尿酸が生じます。誰でもこの尿酸を毎日作って、尿から体外に排出しています。この尿酸が作られ過ぎたり、あるいは排出がうまくいかずに、血液中に尿酸が増えすぎた状態が高尿酸血症です。高尿酸血症では尿酸が身体のいろいろな部位に沈着しますが、関節の骨膜に沈着したときに痛風の発作が起きます。
痛風の治療をする際に、急性関節炎・尿路結石症・腎臓障害などの 検査をおこなう場合があります。その他に治療で注意される点として、肥満・高血圧・脂質代謝異常などになっていないかの検査が必要になる場合もあります。
3.維持期:尿酸値6mg/dlに維持する。
タグ:腎臓
posted by rinda at 14:00 | 痛風による併発する病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

痛風は怖い。将来起こる病気

最悪の場合、さまざまな臓器を傷つけてしまい、特に腎臓の機能が低下している時にこの病気にかかって放置しておくと「慢性腎炎」になることがあって、もっともっと悪くなると「腎不全」なる場合もあるそうです。
  動物は外界からタンパク質を摂取し、そのアミノ酸を適当に組み替えて自己の固有タンパク質を合成する。外来タンパク質の構成アミノ酸は、そのすべてが役立つわけでなく、不用なものも少なくない。また、有用なアミノ酸でも代謝され、不用アミノ酸とともに燃料にされる。糖や脂肪と異なり、アミノ酸にはNが含まれているが、困ったことにはNは生体内で燃やすことが出来ないので、まずトランスアミナ−ゼの作用でアンモニアの形で分離する。アンモニアは生体にとって毒性があるので、出来るだけ早く体外に出さねばならない。


食事療法や最低必要な運動といった日々の努力の積み重ねが必要になります。毎日バランスの良い食事を取る事は最も重要です。水分をたくさん摂取すると、その水分に混じって尿酸も排泄されます。出来る限り塩分・糖分・炭酸が含まれないものを取るようにしましょう。

その溜まった「尿酸」はナトリウムと塩を作り針のような鋭い結晶(針状の結晶)となって多くなると関節に沈着し始め、針を刺して悪さを行います。そうなると人間の体に本来ある正義の味方「白血球」が防御するよう指令を受けて結晶に攻撃を開始します。

「尿酸」を外に出すことが大切なので 「尿酸排泄促進剤」が使用されます。「尿酸排泄促進剤」には(ベンズブロマロン・プロベネシド・スルフィンピラゾン)などが使われます。但し、「尿酸排泄促進剤」を使用する場合は、腎結石を防止するためたくさんの水分を摂ることで排尿の量を増やす必要があります。
・尿酸産生過剰型:尿酸が過剰にできるタイプ。日本人には少なく、約15%。15%。

タグ:腎臓
posted by rinda at 15:00 | 痛風による併発する病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。