痛風、高尿酸値症

2009年08月18日

痛風の初期症状 ちょっとした絶望感

足の親指について書きます。まず一番最初に、私が思ったことは靴擦れかな?ということです。技術者なので普段出歩かないのですが、発症前日、たまたま広島へ出張し、その帰りに空港で飲んでいました。が、帰りの電車へと急ぐと、なぜか足が痛い・・・普段出歩かないから、靴擦れでも出来たんだろう?と思って、明日になれば直ると確信しておりました。
 ヒトには「尿酸」分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、「尿酸」は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が「尿酸」である。正常人では平均 1,200rの「尿酸」 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。
  慢性化した痛風を治療せずに放置しておくと、腎に「尿酸」が沈着して機能が低下し(痛風腎)、腎不全へと進行する。その他、痛風患者は心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を促進したり、尿路結石など種々の合併症を伴いやすい。


痛風の原因には「尿酸」が大きく関わっています。「尿酸」は元々体の中に存在しています。しかし食生活の乱れやストレスが原因で「尿酸」値が上がってしまうのです。アルコール、特にビールの飲みすぎは痛風の原因といわれています。プリン体を増加させるうえ、「尿酸」の排泄量を低下させ、結果的には「尿酸」値を上げる原因になります。以前は贅沢病と言われていたほどですが、現在は誰にでも起こりうるのです。患者の2割は家族に痛風の人がいることから、遺伝的な要因もあると考えられています。
そんなことから「痛風」が勃発する要因となる原因はプリン体が多く含まれる食事をたくさん摂りこむことで体内でプリン体が「「尿酸」」になる量が異常に多くなった場合や「「尿酸」」を排泄する機能「尿・便」がうまくいかずに蓄積してしまうことと言えます。暴飲暴食・アルコールの飲みすぎはプリン体の量を増やす要因になるし、運動不足・ストレスは排泄機能を妨げる原因になります。(特にビールにはプリン体が多い)
痛風の原因となる「高「尿酸」血症」の目安として「尿酸」値の基準値が、平均的に男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値です。私は初診時8.8mg/dlもありました。
痛風を起こしたら、あるいは「尿酸」値が高いと言われたら、まずは生活習慣全般の見直しを行いましょう。

 細胞外液の「尿酸」飽和度に対応する血液中の「尿酸」レベルは、6.4r/dlで、従って、「尿酸」の血中の値が、 7.0r/dl以上になると、生体の「尿酸」の処理能力が追いつけず、「尿酸」は飽和状態となり結晶化し、これが関節内に貯留して痛風発作が起こるようになる。このように痛風発作は、ただ単に「尿酸」が多いから起こるのではなく、「尿酸」が多くても、「尿酸」が結晶化しなければ、直接発作には結びつかない。
タグ:痛風
【痛風の初期症状の最新記事】
posted by rinda at 00:00 | 痛風の初期症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。