痛風、高尿酸値症

2009年08月15日

痛風 高尿酸値症 症状

痛風は10年前と比較して約 2倍に増加しており、全人口の約0.3〜0.5%(中年以降の男性の 1.2%)、約50万人で、痛風の臨床症状が見られない痛風予備群である無症候性高尿酸血症患者は、痛風患者の10倍以上、約 600万人も存在すると推定されている。都会の方が田舎より多い。
  動物は外界からタンパク質を摂取し、そのアミノ酸を適当に組み替えて自己の固有タンパク質を合成する。外来タンパク質の構成アミノ酸は、そのすべてが役立つわけでなく、不用なものも少なくない。また、有用なアミノ酸でも代謝され、不用アミノ酸とともに燃料にされる。糖や脂肪と異なり、アミノ酸にはNが含まれているが、困ったことにはNは生体内で燃やすことが出来ないので、まずトランスアミナ−ゼの作用でアンモニアの形で分離する。アンモニアは生体にとって毒性があるので、出来るだけ早く体外に出さねばならない。

ホウレンソウなどがあります。このうち魚類や植物性タンパク質、野菜はカロリーを摂り過ぎないことからもおすすめです。バランスのとれた食生活が痛風予防の基本といえるでしょう。

「高尿酸血症」の目安として尿酸値の基準値が、平均的に男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値となります。7.0mg/dlを超えると高尿酸血症と診断され、痛風になる確率が高まってきます。


それと同時に(クエン酸ナトリウムやカリウム)を併用することも大切です。体内で生成されます「尿酸」を減らすために「尿酸排泄促進剤」が使われますが、代表的なものとして(アルプリノール)があります。
 しかし、最近では排泄阻害型、合成過剰型を独立した病態として扱わず、二つは関連していると考えられている。例えば、アルコ−ルやストレス等の原因で、尿酸の生合成が促進され血清尿酸値が上昇すると(合成過剰)、尿細管での再吸収が起こり見かけ上排泄が低下(排泄阻害)するなどである。
タグ:痛風
【痛風と尿酸値の最新記事】
posted by rinda at 09:00 | 痛風と尿酸値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。