痛風、高尿酸値症

2009年08月01日

高尿酸血症と痛風 治療

治療に際しては肥満を避けること、水分を十分に摂ることが前提となります。発汗が多い時期や運動後などは体内の水分が減少し、尿や血液が濃くなって、発作を起こしやすくなりますから、水を飲むだけでなく、お茶や果物などを摂ると良いでしょう。コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿効果がありますし、果物や瓜類にも利尿作用があります。水分の摂り方の少ない人、排泄の悪い人はどうしても老廃物がたまりやすいので、日ごろから意識して水を飲むことを心がけると健康維持にも有効です。




特に、1)肥満を改善する、2)飲酒を制限する、3)水分を多くとる、4)軽い運動を行う、5)ストレスを上手に発散する、この5つの励行をお勧めします。
1.痛風発作中:非ステロイド性抗炎症剤で痛みを取る。炎症の状態によってはステロイド剤を使うこともある。尿酸値を急に上下させると再発作が起きやすいため、この時期に尿酸降下剤は使わない。
このため、急性関節炎の治療と高尿酸血症の是正を区別する。尿酸排泄剤または尿酸合成阻害剤によって、高尿酸血症の治療を開始してから、多くの症例では 6カ月ごろに血中尿酸値が安定する。従って、その間の代謝動態の変動が、関節周囲の結合織に働き、尿酸排泄剤・尿酸合成阻害剤を使用することにより、かえって痛風発作を誘発することがある。高尿酸血症治療の初期(通常、治療開始後 6カ月以内)は痛風発作が起きやすい。
タグ:高尿酸血症
posted by rinda at 00:00 | 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。