痛風、高尿酸値症

2011年04月16日

痛風の原因はいろいろ,痛風に付随する病気は

夜寝ている時に突然痛みだし、朝は右足で立つことはできないくらいに痛みです。前日に足を捻った、ぶつけたことはなく腫れもありません。
 アルコールの習慣、肉類などプリン体の多い食品のとりすぎ、高血圧患者に対する降圧利尿剤の使用頻度の増加などが最近の特色です。40 歳から50 歳代の活動的で肥満型の成人男性に多く、発症年齢は低下してきています。女性は男性の5% 以下で、閉経後の発症が主です。
 ところが、激しい痛みも早くて1日で消えてしまい、後遺症ものこりません。だからといって安心してはいけません。それは発作がおさまっただけで、治ったわけではないのです。放置すると必ず再発します。痛風と思ったら、直ちに病院へいき、正しい治療をうけましょう。
 通常はないはずの結晶が溜まることで炎症を起こし、激烈な痛みが起こります。このように尿酸の血中濃度が高い状態を「高尿酸血症」と言います。
 例えば、食物として摂取するプリン体の量が多ければ尿酸はたくさん作られますし、腎臓の機能が低下すれば尿酸の排泄が少なくなります。
 また、尿酸値が高いということは体の代謝に異常があるということですから、放置すれば痛風関節炎以外にもいろいろな問題(尿路結石や腎障害、他の生活習慣病の合併など)を抱えることになります。
 血清尿酸値が高いほど短期間の内に痛風になる可能性が高いので、高尿酸血症の方は血清尿酸値を正常範囲にコントロールし続けることで、痛風発作や腎障害・動脈硬化の進展などを防ぐことができます。
【日記の最新記事】
posted by rinda at 05:24 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

痛風と尿酸値

痛風は体内に尿酸がよぶんにたまることで起こる病気である。
 ヒトには尿酸分解酵素(ウリカ−ゼ*)は無いので、尿酸は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が尿酸である。正常人では平均 1,200rの尿酸 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。
  慢性化した痛風を治療せずに放置しておくと、腎に尿酸が沈着して機能が低下し(痛風腎)、腎不全へと進行する。その他、痛風患者は心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を促進したり、尿路結石など種々の合併症を伴いやすい。
アルコールも痛風には良くない飲み物です。カロリーが高く、短時間に吸収されるためです。特にいけないのが、運動後の飲酒です。運動によって細胞のエネルギーの消耗が進んだところに、アルコールで追い討ちをかけることになります。

「尿酸」は体内細胞の老廃物で、主として「プリンヌクレオチド」という物質で出来ています。「プリンヌクレオチド」は略して「プリン体」と呼ばれています。通常は体内で分解され老廃物となります。しかし 「尿酸」が異常に増えて「高尿酸血症」と呼ばれる状態になると、



 痛風発作時には高尿酸血症治療剤(痛風治療剤)は原則として使わず、痛風関節炎の炎症が完全に治ってから使用する。これは、発作時に血中の尿酸値を急激に下げると、発作の重症化、遷延化を起こすことが多く、鎮静化ができなくなるからである。尿酸が飽和状態になっている時に、急に尿酸値を低下させると、尿酸の結晶化が増大する。
原則的に尿酸産生過剰型には尿酸合成阻害剤、尿酸排泄低下型には尿酸排泄剤を用いる。両病態を検討する簡便法として、尿中の尿酸/クレアチニン比を用いる。0.5を超えると尿酸産生過剰型が多く、0.5以下では尿酸排泄低下型が多い。
タグ:痛風
posted by rinda at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 痛風と尿酸値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

足腰の痛み,プリン体,薬

痛風は体内に「尿酸」がよぶんにたまることで起こる病気である。

「尿酸」は体内細胞の老廃物で、主として「プリンヌクレオチド」という物質で出来ています。「プリンヌクレオチド」は略して「プリン体」と呼ばれています。通常は体内で分解され老廃物となります。しかし 「尿酸」が異常に増えて「高尿酸血症」と呼ばれる状態になると、なかなか治りにくくなる。
 
慢性化した痛風を治療せずに放置しておくと、腎に「尿酸」が沈着して機能が低下し(痛風腎)、腎不全へと進行する。その他、痛風患者は心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を促進したり、尿路結石など種々の合併症を伴いやすい。
アルコールも痛風には良くない飲み物です。カロリーが高く、短時間に吸収されるためです。特にいけないのが、運動後の飲酒です。運動によって細胞のエネルギーの消耗が進んだところに、アルコールで追い討ちをかけることになります。

ヒトには尿酸分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、尿酸は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が尿酸である。正常人では平均 1,200rの「尿酸」 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。

痛風というと、トリのモツや貝、ナッツ、かまぼこなどに含まれるプリン体が悪いと思っている方が多いようです。しかし、最近では、プリン体の排泄や代謝を促すことに主眼が置かれるようになり、この方法で治療効果が上がっていることが報告されています。
非ステロイド系の抗炎症剤で激痛を抑えることができるようになりました。
posted by rinda at 00:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

痛風の初期症状 ちょっとした絶望感

足の親指について書きます。まず一番最初に、私が思ったことは靴擦れかな?ということです。技術者なので普段出歩かないのですが、発症前日、たまたま広島へ出張し、その帰りに空港で飲んでいました。が、帰りの電車へと急ぐと、なぜか足が痛い・・・普段出歩かないから、靴擦れでも出来たんだろう?と思って、明日になれば直ると確信しておりました。
 ヒトには「尿酸」分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、「尿酸」は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が「尿酸」である。正常人では平均 1,200rの「尿酸」 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。
  慢性化した痛風を治療せずに放置しておくと、腎に「尿酸」が沈着して機能が低下し(痛風腎)、腎不全へと進行する。その他、痛風患者は心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を促進したり、尿路結石など種々の合併症を伴いやすい。


痛風の原因には「尿酸」が大きく関わっています。「尿酸」は元々体の中に存在しています。しかし食生活の乱れやストレスが原因で「尿酸」値が上がってしまうのです。アルコール、特にビールの飲みすぎは痛風の原因といわれています。プリン体を増加させるうえ、「尿酸」の排泄量を低下させ、結果的には「尿酸」値を上げる原因になります。以前は贅沢病と言われていたほどですが、現在は誰にでも起こりうるのです。患者の2割は家族に痛風の人がいることから、遺伝的な要因もあると考えられています。
そんなことから「痛風」が勃発する要因となる原因はプリン体が多く含まれる食事をたくさん摂りこむことで体内でプリン体が「「尿酸」」になる量が異常に多くなった場合や「「尿酸」」を排泄する機能「尿・便」がうまくいかずに蓄積してしまうことと言えます。暴飲暴食・アルコールの飲みすぎはプリン体の量を増やす要因になるし、運動不足・ストレスは排泄機能を妨げる原因になります。(特にビールにはプリン体が多い)
痛風の原因となる「高「尿酸」血症」の目安として「尿酸」値の基準値が、平均的に男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値です。私は初診時8.8mg/dlもありました。
痛風を起こしたら、あるいは「尿酸」値が高いと言われたら、まずは生活習慣全般の見直しを行いましょう。

 細胞外液の「尿酸」飽和度に対応する血液中の「尿酸」レベルは、6.4r/dlで、従って、「尿酸」の血中の値が、 7.0r/dl以上になると、生体の「尿酸」の処理能力が追いつけず、「尿酸」は飽和状態となり結晶化し、これが関節内に貯留して痛風発作が起こるようになる。このように痛風発作は、ただ単に「尿酸」が多いから起こるのではなく、「尿酸」が多くても、「尿酸」が結晶化しなければ、直接発作には結びつかない。
タグ:痛風
posted by rinda at 00:00 | 痛風の初期症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

痛風から腎臓病へ

「「尿酸」」は体内細胞の老廃物で、主として「プリンヌクレオチド」という物質で出来ています。「プリンヌクレオチド」は略して「プリン体」と呼ばれています。通常は体内で分解され老廃物となります。しかし 「「尿酸」」が異常に増えて「高「尿酸」血症」と呼ばれる状態になると、

ビールには「尿酸」の元になるプリン体が他のお酒より多く含まれているので「尿酸」値が上がりやすく、よく「痛風にはビールはダメ」と言われます。そこでプリン体99%カットの発泡酒なども開発されました。
痛風を起こしたら、あるいは「尿酸」値が高いと言われたら、まずは生活習慣全般の見直しを行いましょう。

 「尿酸」排泄促進剤の使用は、尿中「尿酸」量を増加させるため、尿量の減少や pHの低 によって、「尿酸」の不溶性を増し、結晶析出や腎組織(特に髄質間質)への「尿酸」の沈着を起こし、「尿酸」結石や腎障害をきたす。また、痛風を放置すると痛みが激しくなり、皮膚や関節に結節ができ、腎不全にまで進行する。
タグ:腎臓病
posted by rinda at 08:00 | 痛風と腎臓病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

尿酸の分解

 ヒトには「尿酸」分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、「尿酸」は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が「尿酸」である。正常人では平均 1,200rの「尿酸」 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。
  慢性化した痛風を治療せずに放置しておくと、腎に「尿酸」が沈着して機能が低下し(痛風腎)、腎不全へと進行する。その他、痛風患者は心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を促進したり、尿路結石など種々の合併症を伴いやすい。

ところが、結晶は鋭い針で白血球を攻撃するために残念ながら結晶に勝つとこができずに敗れてしまいます。勝ちきった結晶が関節に針で(ジクジク)と刺した部分が「痛風発作」となるり異常な程の痛みが一箇所に集中することで激痛となるのです!!

 ただ、高「尿酸」血症治療剤を使っている時に発作が発生した場合には、投与量を変えないでそのまま投与する。しかし、投与量が多すぎ、「尿酸」値が低すぎることが確認された場合には、高「尿酸」血症治療剤の使用を中止する。
原則的に「尿酸」産生過剰型には「尿酸」合成阻害剤、「尿酸」排泄低下型には「尿酸」排泄剤を用いる。両病態を検討する簡便法として、尿中の「尿酸」/クレアチニン比を用いる。0.5を超えると「尿酸」産生過剰型が多く、0.5以下では「尿酸」排泄低下型が多い。
タグ:ウリカーゼ
posted by rinda at 10:00 | 痛風と尿酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

高尿酸値症と腎臓の病気

最悪の場合、さまざまな臓器を傷つけてしまい、特に腎臓の機能が低下している時にこの病気にかかって放置しておくと「慢性腎炎」になることがあって、もっともっと悪くなると「腎不全」なる場合もあるそうです。
 鳥類はアンモニアを尿素に変えるときに溶解するのに水が必要となるが、体が重くなって飛ぶことが不可能になる。そこで鳥類はアンモニアを尿酸の形に変え、尿酸はあまり水に溶けないので、水に溶かさず固形のままで排出する

食事の量が極端に少ないと血液中の尿酸値は上昇し、高脂肪食に偏るとさらに上がります。痛風に極端な食生活は禁物で、野菜たっぷりのヘルシーな和食がおすすめです。
またストレスも痛風の原因とされますので、ストレスの解消や適度な運動は非常に重要かつ効果のある予防法といえるでしょう。

ところが、結晶は鋭い針で白血球を攻撃するために残念ながら結晶に勝つとこができずに敗れてしまいます。勝ちきった結晶が関節に針で(ジクジク)と刺した部分が「痛風発作」となるり異常な程の痛みが一箇所に集中することで激痛となるのです!!
体内で脂肪が新陳代謝することで尿酸が生じます。誰でもこの尿酸を毎日作って、尿から体外に排出しています。この尿酸が作られ過ぎたり、あるいは排出がうまくいかずに、血液中に尿酸が増えすぎた状態が高尿酸血症です。高尿酸血症では尿酸が身体のいろいろな部位に沈着しますが、関節の骨膜に沈着したときに痛風の発作が起きます。
痛風の治療をする際に、急性関節炎・尿路結石症・腎臓障害などの 検査をおこなう場合があります。その他に治療で注意される点として、肥満・高血圧・脂質代謝異常などになっていないかの検査が必要になる場合もあります。
3.維持期:尿酸値6mg/dlに維持する。
タグ:腎臓
posted by rinda at 14:00 | 痛風による併発する病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛風 高尿酸値症 症状

痛風は10年前と比較して約 2倍に増加しており、全人口の約0.3〜0.5%(中年以降の男性の 1.2%)、約50万人で、痛風の臨床症状が見られない痛風予備群である無症候性高尿酸血症患者は、痛風患者の10倍以上、約 600万人も存在すると推定されている。都会の方が田舎より多い。
  動物は外界からタンパク質を摂取し、そのアミノ酸を適当に組み替えて自己の固有タンパク質を合成する。外来タンパク質の構成アミノ酸は、そのすべてが役立つわけでなく、不用なものも少なくない。また、有用なアミノ酸でも代謝され、不用アミノ酸とともに燃料にされる。糖や脂肪と異なり、アミノ酸にはNが含まれているが、困ったことにはNは生体内で燃やすことが出来ないので、まずトランスアミナ−ゼの作用でアンモニアの形で分離する。アンモニアは生体にとって毒性があるので、出来るだけ早く体外に出さねばならない。

ホウレンソウなどがあります。このうち魚類や植物性タンパク質、野菜はカロリーを摂り過ぎないことからもおすすめです。バランスのとれた食生活が痛風予防の基本といえるでしょう。

「高尿酸血症」の目安として尿酸値の基準値が、平均的に男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値となります。7.0mg/dlを超えると高尿酸血症と診断され、痛風になる確率が高まってきます。


それと同時に(クエン酸ナトリウムやカリウム)を併用することも大切です。体内で生成されます「尿酸」を減らすために「尿酸排泄促進剤」が使われますが、代表的なものとして(アルプリノール)があります。
 しかし、最近では排泄阻害型、合成過剰型を独立した病態として扱わず、二つは関連していると考えられている。例えば、アルコ−ルやストレス等の原因で、尿酸の生合成が促進され血清尿酸値が上昇すると(合成過剰)、尿細管での再吸収が起こり見かけ上排泄が低下(排泄阻害)するなどである。
タグ:痛風
posted by rinda at 09:00 | 痛風と尿酸値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

痛風と尿酸、高尿酸血症

痛風はプリン代謝異常に基づく代謝性疾患で、高尿酸血症が長期間持続した結果、尿酸塩(尿酸−Na塩又は尿酸)が関節組織に沈着する。この関節内に形成された尿酸塩の微小結節からの結晶の遊離crystal sheddingが起こることによって発症する急性関節炎で、激しい関節痛を伴うことを特徴とする。痛風は突然に発症し、治療を行わなくても短期間に自然治癒するので、一般に痛風発作と呼ばれる。
 体内で合成された尿酸は、尿や便と同時に排泄され、血液中の尿酸量は、常に一定の量に保たれ、通常、血液 100mlの尿酸値は、男性が 4.0〜6.9r、 女性 3.5〜 5.5r である。

尿酸値が正常な人の場合、一過性に高尿酸血症になっても痛風発作は起こらない。これは関節組織に十分量の尿酸塩が沈着していないためである。逆に高尿酸血症が長く続いている場合に、尿酸値が一過性に低下した場合には痛風発作が起こる。これは体液中と組織の尿酸濃度に濃度勾配が生じ、組織からの尿酸結晶の遊離が促進されるためである。痛風患者に尿酸コントロ−ル剤の投与を開始してしばらくの間に痛風発作が起こりやすい原因はこの理由による。
一度痛風になってしまったら、完全な治療は望めないと言われています。大切なのは 「尿酸値を上げない」ことと「尿酸を排泄する」ことになります。

そんなことから「痛風」が勃発する要因となる原因はプリン体が多く含まれる食事をたくさん摂りこむことで体内でプリン体が「尿酸」になる量が異常に多くなった場合や「尿酸」を排泄する機能「尿・便」がうまくいかずに蓄積してしまうことと言えます。暴飲暴食・アルコールの飲みすぎはプリン体の量を増やす要因になるし、運動不足・ストレスは排泄機能を妨げる原因になります。(特にビールにはプリン体が多い)

つまり、痛風を治すには「高尿酸血症」をいかに下げるか!!になります。そのためには「血清尿酸値」の値を減らすのはもちろん定期的に行った検査の「血清尿酸値」の成績をチェックすることが大変重要になります。「血清尿酸値」の正常値は男性では4〜7mg/dl女性は3〜5mg/dlです。いかにこの正常値まで減らしそして維持することができるかによって完治」することができます。
 痛風発作は予感期、発作の極期、発作の軽快期、発作の寛解期に分けられるので、時期に応じた治療を系統的に行い、それぞれの経過に適した薬剤を選択する。
タグ:尿酸 痛風
posted by rinda at 04:00 | 痛風と尿酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

痛風のとまどい:信じたくない痛風の症状

当然、靴擦れと本人は思っていますので、外科へ直行。医者の説明を聞くと・・というか聞く前に・・「そりゃ、アンタ、典型的な痛風です、間違いありません」とな。 がしかし、こちらも負けず「昨日は久しぶりに革靴で長時間歩いたので・・」との返答にも、「たまたまです」・・。贅沢病と言われる痛風になってしまったのか・・。自己管理が出来てないとか、いろいろ言われそうです・・。
尿酸は pH7.4、37.0℃、6.4mg/dlで飽和に達すると言われているが、体液中では蛋白と結合し、この濃度を超えても、すぐに析出、沈着することはない。
痛風発作が 1回のみで、血清尿酸値も 7.0r/dl前後であれば生活指導のみを行う。高尿酸血症のみで痛風発作のない無症候性高尿酸血症には、生活指導のみを行うが、血清尿酸値が常に 9.0r/dl以上で腎機能の低下があれば、次の製剤による薬物治療を考慮する。
アルコールも痛風には良くない飲み物です。カロリーが高く、短時間に吸収されるためです。特にいけないのが、運動後の飲酒です。運動によって細胞のエネルギーの消耗が進んだところに、アルコールで追い討ちをかけることになります。
食事療法や最低必要な運動といった日々の努力の積み重ねが必要になります。毎日バランスの良い食事を取る事は最も重要です。水分をたくさん摂取すると、その水分に混じって尿酸も排泄されます。出来る限り塩分・糖分・炭酸が含まれないものを取るようにしましょう。
「尿酸」は体内細胞の老廃物で、主として「プリンヌクレオチド」という物質で出来ています。「プリンヌクレオチド」は略して「プリン体」と呼ばれています。通常は体内で分解され老廃物となります。しかし 「尿酸」が異常に増えて「高尿酸血症」と呼ばれる状態になると、
そんなことから「痛風」が勃発する要因となる原因はプリン体が多く含まれる食事をたくさん摂りこむことで体内でプリン体が「尿酸」になる量が異常に多くなった場合や「尿酸」を排泄する機能「尿・便」がうまくいかずに蓄積してしまうことと言えます。暴飲暴食・アルコールの飲みすぎはプリン体の量を増やす要因になるし、運動不足・ストレスは排泄機能を妨げる原因になります。(特にビールにはプリン体が多い)

つまり、痛風を治すには「高尿酸血症」をいかに下げるか!!になります。そのためには「血清尿酸値」の値を減らすのはもちろん定期的に行った検査の「血清尿酸値」の成績をチェックすることが大変重要になります。「血清尿酸値」の正常値は男性では4〜7mg/dl女性は3〜5mg/dlです。いかにこの正常値まで減らしそして維持することができるかによって完治」することができます。

そこで痛風発作時にはなるべく尿酸値の変動を起こさず、まず関節炎を治療することが重要である。
タグ:痛風
posted by rinda at 00:00 | 痛風の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。